ABOUT

店内イメージ写真

ドルチェヴィータでは、化学調味料を一切使用していません。なぜならそれは、全くといっていいほど、お客様の為にはならないからです。

フォンドボーやアメリケーヌソースといった出汁類やコンソメスープ、ピッツア生地やパン、ソーセージやハム、ベーコンにいたる、ひとつひとつの食材、お料理を職人が丁寧に手作りしています。もちろんジェラートやドルチェも同様です。それ故、アレルギーをお持ちのお客様に、料理に何の食材を使用しているのか全てお伝えすることができます。

また、使用する食材も厳選に厳選を重ねております。

イタリアパルマ産の生ハムやカンパーニュ州の水牛のモッツァレラ、国産小麦、ゲランド産海水塩、沖縄のサトウキビから作られた砂糖、野村さん家の生みたて卵、豚肉は日本を代表する岩手県のブランドポーク“白金豚”、日本唯一の専用農場で育てられたホロホロ鳥、瀬戸内海で太陽をいっぱいに浴びたブルレモンファームのレモン(ノーワックス)、種子(たねこ)にんにく農園の福地ホワイト六片種のにんにく(日本一の青森県田子町)、市場で仕入れる新鮮な天然魚、牛肉は個体識別番号が明記された短角黒毛和牛、お刺身で食べれる新鮮な錦爽鶏などなど。

食材や調味料に至るまで、”本物”だけを使用しています。

イタリア料理を通して、お客様を嬉しくて楽しくて、幸せな気分にしたい。

それが私たちドルチェヴィータの心からの願いです。

店内スケッチ