創業するという事

創業者なんて種族を 、そもそもあなたと同じ人間と考えるからまちがえるのだ 。考えてもみなさい 。家庭など一顧だにせず 、カネも時間も人生もすべてを事業に注ぎ込んで恬として恥じない 。まさに博打打ち気質 。人のやらないことばかりやろうとする 。子どもの頃から 「協調性無し 」と内申書に書かれる奇人変人の類 。まかりまちがっても中間管理職の資質はゼロ 。 「社長しかできない 」という連中なのだ 。 「松下幸之助 その凄い!経営 完全版」中島孝志著 前書きより

ついつい笑ってしまいました。でも的を得ていますよね。私も完全にこの類(笑)

「ドルチェヴィータ」のこの場所で、お客様に来て頂いて料理を作る。これに全てを注いでいます、妻には申し訳ないけれど、ごめんね。今度ちゃんと謝ろう(笑)

でもそれがやりたくてお店を始めた訳!だから幸せなの。
3年で半分くらいは飲食店が無くなる時代に13年続けられるのも毎日全力投球だったからだと思います。
運が良かったのもあるけれどね☆